家を買おうかなと思った時に

子供との生活を考えて。

新しい家族が増えて、一年半が経ちました。
子供がいなかった頃は、共働きで休みと言えばどこかに旅行したり遊びに出かけたりで、家は寝るだけの場所でした。
なので便利な場所でそこそこの広さがあれば賃貸で問題がありませんでした。
しかし、子供がいる生活になり私自身も仕事を辞め生活が一転。
平日も家族皆んなで過ごす休日もすべて家が中心になりました。
そうなるとやはり間取りや水回りなどもっとこうであればいいなと思う点が増えていきます。
子供にも窮屈な思いをさせたくないと思い、広い場所への引越しも考えましたがその分お家賃も高くついてしまう…。
いっそお金を払うのならば、とことん自分達が気に入り自由にできる自分の家を購入したほうがいいのではないか?!という考えに至り、家を購入することを検討し始めました。

子どもの小学校入学に合わせて家を購入

子どもの小学校入学に合わせて家を購入しました。
購入するまでに何度もオープンハウスに通いました。いずれ家を建てようと考えていたので気に入った工務店さんのオープンハウスに約3年、オープンハウスは10回ほど通いました。無垢の板材や塗り壁など、自然素材を使ったナチュラルなで体に優しい家づくりをしている工務店さんでした。オープンハウスの新築の家でも、あの新築独特の匂いがしなかったのが決め手でした。いよいよ購入という時には工務店の方たちとすっかり顔馴染みになり、やっと購入ですね、と言われてしまいました。
4月の小学校入学に合わせて、前年の11月頃から建て始めたのですが、結局家が出来上がったのは5月になり、最初の1ヶ月は県外から1時間ほどかけて車で送迎して小学校に通ったので大変でした。丁寧に作っていただくためには時間に余裕を持って計画しないといけないのだなと改めて感じました。